カテゴリ:book( 11 )

初めてのレジン

a0112667_06083233.jpg

先日、「ヒーリングマルシェ」という
お友達が中心になってやっているイベントに行ってきました。
ワンコインで手作りワークショップや
マッサージが受けられる
ステキなイベントでした。

私はアロママッサージと
レジンに挑戦。

午前中は卒園式のお手伝いで
小雨&強風の中立っていたので
キンキンに冷えていた身体が
アロママッサージで
少しずつ暖まるのを感じて
リラックス!
レモングラスをメインとした
香りにも癒されました。

次はレジン。
やりたかったけど
道具を揃えられなくて
できなかったもの。

レジンの液にカラーパウダーを混ぜて
好きな色を作り
パールやチップを乗せていく。
これがまた楽しい!

レジンを固めている間に
レザーにイニシャルスタンプを押して
それらをまとめて
携帯ストラップの完成です♡

とても簡単なのに可愛くて
すぐに携帯につけました。

毎日子どもたちの送迎などでバタバタしていて
おしゃべりできない友達とも
たくさんおしゃべりできて楽しかった!


[PR]

by chococro3 | 2014-03-24 07:13 | book

「わたしのウチにはなんにもない。」

断捨離。それは私にとってやりたくてもできない事の1つ。
どんどんものがたまって片付けられない両親をみている娘も、当然。。。

図書館で借りれない大人気本、お友達に借りました!

「モデルルーム!?」
かと思うくらい、なにもない。
収納やクローゼットも必要なものが点々とあるだけ。
部屋から伺えるのは、潔さ!

ゆるりさんのいう事は、理にかなってます。
部屋が片付いていて、床に何もないと
掃除は楽!
私もお友達が来た後、掃除楽だもん。

説明書は今はほとんどネットから見られるので
電子書籍として管理すれば不要だし

バスタオル程の大きさなくても
体は拭けるし

猫と住んでいるゆるりさん
以前は猫アレルギーだったのがなくなった
とおっしゃってるけど
私はハウスダストも入っているとおもうなー

震災の時に物につぶされそうな恐怖
避難する時に必要な物が出てこない
仙台在住のゆるりさんだからこそ
でる言葉。

これを読んだ別の友達はご夫婦で感化されて
ゴミ袋10個程捨てたそうです。
ええなぁ。

うちも脱・汚部屋めざそうっと。
本も処分されたそうなので
この春も一箱古本市の出店、考えよっと。

本・読書


[PR]

by chococro3 | 2014-03-09 07:05 | book

「頼れない国でどう生きようか」読みました。

「頼れない国でどう生きようか 」読みました。
いやー、面白かった。お祝儀兼ねて本屋に買いにいく位。

頼れない国でどう生きようか (PHP新書)

加藤 嘉一 / PHP研究所



ありふれた言葉でいうなら
ゆとり世代の肉食男子と草食男子の対談をまとめた一冊
真逆の2人がケンカをするのではなく
お互いを考えを尊重しながら話が進みます
私はこの姿勢を学びたい!なので再読します。うんうん。

私は行動も考え方も加藤さんよりだと思っているので
うんうんと頷くところも加藤さん寄り
もっとフラットに読みたかったなー
加藤さんが時々投げかけてくる
海外への資産分散
永住権の取得は
頼れない国に生きる私もうっすらと考えていたので
いいきっかけになりそうです

加藤さんの語学勉強法は自分の時間がない主婦には効果的!
取り入れていきたいなー。

やっぱ加藤さんの発言の引用ばかり。

昨年、北京旅行から帰ってきた日の夜に
彼の出ている番組を見て
言っていることがさっきまでいた北京の空気とぴったり!
嘘がない、自分の言葉で語ってるなー、
新聞やテレビの言うことは100%うのみにするべきじゃないなー、と。
それからすっかりファンなのです。

最後に、彼らは
35〜60歳くらいの女子、主婦について高評価☆
ええ子らや(笑)
[PR]

by chococro3 | 2012-12-13 23:00 | book

今月は本をまとめ買い!

娘がお昼寝のすきを狙って
近所のブックファーストまでダッシュ!

11/30 〜12/3 の期間中に2,000円以上買うと
「ブックカバーになるカレンダー」がもらえます。

これがどうしてもほしかった!

a0112667_6531078.jpg


カレンダー部もブックカバー部もかわいらしいです。
私はブックカバーメインに使います。

Read more...
[PR]

by chococro3 | 2012-12-01 23:00 | book

ちゃぶ台ごはん

奈良でのカタリベカフェで紹介された「ちゃぶ台ごはん」
先日図書館から届きました。この本、おススメです。


はじめに
「自分らしいアレンジをどんどん書き込んで」
「お台所にいつも置いて、ぼろぼろになっても使っていただける本になるといいなあと思っています」

それにふさわしいコンパクトで手に取りやすいサイズ。そして厚さ。
料理名が鉛筆手書き風なのも気に入りました。

メニューも特別ではない、普段の夕食のテーブルにふさわしいものばかり。
麻婆豆腐、天ぷらとかきあげ、卵焼き、などなど。

最近私の料理本はクックパッド。
作りたいレシピがすぐに出てくるので本を買わなくて便利、だと思ってました。
でも最近分かった検索の落とし穴。
自分の知っている物しか探さない
そのせいで我が家のレシピもマンネリ化しつつあります。

レシピ本ってあまり増やしたくないけど、厳選した数冊に入れておきたい。

それと「日本食最近食べてない」という外国に住む友人にも
この本を贈りたいと思います。
この前本を衝動買いしたので、また来月にも。。。

ちゃぶ台ごはん

瀬尾 幸子 / 小学館


表紙がたまごかけごはんっていうのも、そそられる!
[PR]

by chococro3 | 2012-02-18 22:00 | book

パラダイス

デルテ・シッパー
シンコーミュージック・エンタテイメント
発売日:2011-07-21



この本を読んでいると「パラダイス」と言う言葉が浮かんできました。
人生の最後を穏やかに終えるために用意された場所、そして食事。
ここのシェフは患者さんが食べたいものを作ってくれます。
それも患者さんやその家族からレシピを聞きながら、味も忠実に再現しようとします。食べた事のないレシピさえも。

治療に疲れきった患者さんも彼の食事を食べて、食欲が出て、穏やかな心を取り戻します。
ここで働いているスタッフたちの寄り添い方も心のゆとりが感じられていい。

まだ読みかけですが、いい本です。

2/3は「こどもと一緒にカタリベカフェ」(コチラ
2/8は「手ぬぐいこども服」(コチラ
よろしくお願いします。
[PR]

by chococro3 | 2012-02-02 05:40 | book

1月の絵本の会@honeycombBOOKS*

a0112667_14255665.jpg


2回目の参加。
ハニカムブックスさんでの絵本の会にいってきました。

私が持って行ったのは
娘がだいすきな 「ぼくのくれよん」
今の季節にピッタリ「おしょうがつさん」

おしょうがつさんは谷川俊太郎さんと大橋歩さんというあまり絵本では見ない組み合わせ。そこに惚れて図書館から借りてきました。

他の方が紹介してくれた本はどれも女の子って感じでかわいらしい。いつもクセのある本を選ぶ私にとっては、勉強になります。
いつか娘にもここで紹介された本を!

「よあけ」よかった。
暗闇の色を作る時に使ったピンクや水色が端にちょっと残っていてそそられます。
だんだん明るくなって行く様子などが美しい。
紹介された方の話によれば、焚き火の火のあがり方が理想的で美しいんだとか。
確かにキレイ。

帰りははらドーナツ上のカフェでランチ。
素材の味が生きていてどれも美味しかった!950円は納得です。
一緒に行った娘も「おいしい」を連発。
また行こう。

a0112667_14255760.jpg

[PR]

by chococro3 | 2012-01-12 14:05 | book

洋書ブーム

a0112667_180512.jpg


今週届いたキャスのソーイング本2冊。
昔は手が届かなかった洋書が、円高のおかげで手頃な価格になりました。
普段と違う色使いやデザインを見たくて、実用書を中心にちょこちょこ買っています。

開いてると、作りたい気持ちとニヤニヤがとまりませーん。

いよいよ南果さんでのカタリベカフェ、土曜日に迫ってきました。まだ余裕あります。お友達とも参加できますよ(^_^)
[PR]

by chococro3 | 2012-01-12 02:53 | book

【Book】愉しい非電化

先週のカタリベカフェに参加してから、時間を作って本を読んでいる。
やっぱり楽しいひととき。iPhoneより本でいたい。

ビッグイシューに藤村さんが紹介されていてようやく手元に届いた本。
ダジャレをちりばめた中に非電化製品を紹介している。
明るい文体も楽しく読めました。

面白かったのは、電化製品がいかに非効率であるかを説明している点。
手のひらにのせた紙を吐いてみる。それは簡単に動くけど、吸って動かすのは難しい。
北海道の人が冬に部屋を暖めたうえに冷蔵庫を使うのはなんか違うと思っている。

この本を読んでいてほしくなったのは、ほうき、圧力鍋、足踏み式ミシン。
ほうき:我が家の掃除機は端っこが苦手なので。今より時間がかかるがちょっとした運動にもなる。
圧力鍋:圧をかけてさませば真空状態になるから、カレーやシチューの常温保存ができる。
足踏み式ミシン:速さの調整が足下で縫いながらできるのは便利だと聞いた事が。今はほしくても手に入るかどうかは???

考え方の転換、パラダイムシフトを生み出す本は読んでいて本当に楽しい。
これを機に生活をちょこっと変えてみるかな?

愉しい非電化―エコライフ&スローライフのための

藤村 靖之 / 洋泉社



今週末のカタリベカフェ、じわじわお申し込みをいただいています。
ありがとうございます。
週末ぽんと空いてしまった方、京都に遊びにきて下さい。
詳しくはコチラ→10/01 第4回京都カタリベカフェ
[PR]

by chococro3 | 2011-09-27 14:23 | book

『町家で京都の図書館を考えるサミット』 with カーリル

先日、旅カフェさんからの誘いを受け、京都まで行ってきました。
いつもと同様、観光なしの直行直帰ペース。バスから二条城をチラ見のみ。
(ノド痛かったので京都メイドの飴だけ買いました)

カーリルは図書館の書籍の検索サイト。
複数の図書館の蔵書を調べて、各図書館の予約画面に行けます。
我が家のように複数の図書館を使うにはとっても便利。と今日知りました[m:242]

カーリル主催の図書館イベント。
ビブリオバトル発案者の谷口氏をゲストの講演から始まり(すごい人に会っちゃった)、図書館について語る座談会。などなど。
帰りの時間があるので早めにおいとましましたが、楽しかったです。

静かな図書館じゃなくて、ジャズが流れる雑談オッケーな図書館とかいいなぁ。
らくがきオッケーな図書館書籍とかの話も面白かった。

ブッククロッシングやカタリベカフェの紹介もできて、興味持ってくれた方おられて嬉しかったです。私の説明がつたなくて申し訳なかったです。

本をテーマにこれだけの人が集まるなんて、本もまだまだすてたもんじゃないなぁ。
ソーシャルリーディングが今強く求められている気がした内容のイベントでした。

今日気になったサービス、キーワード。
ピッコリー:京都市左京区にある子供図書館
食べるの学校:参加者の方がやっているプロジェクト
kumori:本と人をつなげるしおり
キャッチがカタリベにとても似ています。きっと近い。


a0112667_762827.jpg

[PR]

by chococro3 | 2011-07-09 23:37 | book