3/16うどんやさんの一箱古本市 やります

2013年
book event unit enbok を立ち上げました。
コンビで色々仕掛けて行きたいと思っています。

ひとりよりふたりが楽しいです。
フフー。

enbok で
うどんやさんの一箱古本市」というのを
兵庫県川西市で話題のスポット
「絹延橋うどん研究所」の2階のカフェでやります!

店主さん、募集中です!
プロ、アマ、年齢、性別は問いません。
(未成年者は、保護者同伴で出店してください)

一箱の中に、古本や雑貨やいろんな思いを詰めて
一日だけの本屋さんをしませんか?

みんなでワイワイ、がやがや、楽しみましょう。
お待ちしております。

【日時】   2013年3月16日(土) 11時〜16時
【会場】   絹延橋うどん研究所
       カフェ・ライブハウス「うどん屋の2階」
       兵庫県川西市小戸3丁目23−6
       能勢電鉄絹延橋駅 徒歩1分30秒
【募集箱数】 15箱
【参加費】  500円(当日、受付時にお支払いいただきます)
【応募方法】 下の応募要項をコピペ&記入して
       en.bok.2012★gmail.com までメールして下さい
       (上記アドレスの★を@に変えてください)
       2日経っても、こちらから返信のない場合はお手数ですが
       再度送信いただくか
       当ブログコメント欄に、鍵コメ(非公開コメントにチェック)して
       お問い合わせくださいませ。

【応募要項】 1:氏名
       2:氏名(ふりがな)
       3:屋号
       4:屋号(ふりがな)
       5:住所
       6:電話番号(携帯可・当日連絡のつく番号)
       7:メールアドレス(携帯不可)
       8:参加予定人数
       9:箱のテーマとPRのメッセージ(必須・200字程度)
       10:ご自分のサイト・ブログなど(1つ)
       11:車での搬入出を 希望します ・ 希望しません
       12:大親睦会参加の有無・参加人数
         (一箱古本市終了後、絹延橋うどん研究所にて行います)
          参加します(   人) ・ 参加しません

【注意事項】 1:本の冊数は、一箱に収まる範囲を上限とします。
       2:古本の他に雑貨の販売もOKです。ただし、雑貨は全体の一割以下に。
         食品の販売はできません。
       3:会場の近隣には駐車場がありません。
         搬入出はなるべく公共交通機関をご利用下さい。

【問合せ】  en.bok (ナカハラキョウコ、ミナクチヒヨリ)
       http://enbok.exblog.jp/
       en.bok.2012★gmail.com
       (上記アドレスの★を@に変えてください)
[PR]

# by chococro3 | 2013-02-11 04:48 | en bok

「頼れない国でどう生きようか」読みました。

「頼れない国でどう生きようか 」読みました。
いやー、面白かった。お祝儀兼ねて本屋に買いにいく位。

頼れない国でどう生きようか (PHP新書)

加藤 嘉一 / PHP研究所



ありふれた言葉でいうなら
ゆとり世代の肉食男子と草食男子の対談をまとめた一冊
真逆の2人がケンカをするのではなく
お互いを考えを尊重しながら話が進みます
私はこの姿勢を学びたい!なので再読します。うんうん。

私は行動も考え方も加藤さんよりだと思っているので
うんうんと頷くところも加藤さん寄り
もっとフラットに読みたかったなー
加藤さんが時々投げかけてくる
海外への資産分散
永住権の取得は
頼れない国に生きる私もうっすらと考えていたので
いいきっかけになりそうです

加藤さんの語学勉強法は自分の時間がない主婦には効果的!
取り入れていきたいなー。

やっぱ加藤さんの発言の引用ばかり。

昨年、北京旅行から帰ってきた日の夜に
彼の出ている番組を見て
言っていることがさっきまでいた北京の空気とぴったり!
嘘がない、自分の言葉で語ってるなー、
新聞やテレビの言うことは100%うのみにするべきじゃないなー、と。
それからすっかりファンなのです。

最後に、彼らは
35〜60歳くらいの女子、主婦について高評価☆
ええ子らや(笑)
[PR]

# by chococro3 | 2012-12-13 23:00 | book

初の英語オーディオブックはDoctor who!

ベラルーシ、ミンスクからHGG (Holiday gift giving)が届きました。
HGGは世界中のブッククロッサーが
フォーラムから相手を自由に選んで
プレゼントを贈り合う、ステキなイベント。

a0112667_635465.jpg


この郵便局オリジナルであろうテープがステキ!
だれかおみやげに買ってきてほしい。

a0112667_6344849.jpg

内容は
1:Doctor who のオーディオブック。
日本ではなじみが薄いですが、
イギリスBBCの超長寿番組(1963年から!)で
世界中にファンが多いSFドラマです。
昨年日本ではLala TV が放送してくれたけど
続きはやってくれるのかな?
10代目ドクターのデイヴィッド・テナントが朗読しているのも楽しみ!

2:Colaline (児童書)のペーパーバック
表紙がヘンリー・セリックでかわいい!

3:ベラルーシ語とロシア語で書かれたパッケージのチョコレート。
甘さ控えめでカカオの味が濃い。ウマウマ。

4:グレープフルーツとざくろフレーバーの緑茶。
パッケージのざくろは花でした。
普通ザクロといえば実を指すのが日本。花もいい香りなのかなー。

5:Doctor who のポストカード
英語とロシア語でメッセージが書いてありました。

ブッククロッシングでは珍しく、保険つきの郵便で届きました。
大抵は船便で届きます。
郵便局からの不在票の差出人がBelarusさんになってたのは笑える。
政府から???
[PR]

# by chococro3 | 2012-12-02 23:00 | Bookcrossing