マイペースでBookcrossing

今年は積極的なBookcrossing 活動をしていません。
活動に時間をかけることも難しいし
まず本を読む時間がない!

でも、横浜のBookcrossing イベント内のカタリベで
紹介されていたこの本がどうしても気になって!

スリー・カップス・オブ・ティー

グレッグ・モーテンソン / サンクチュアリパプリッシング


先日、ついにこの本が我が家にやってきました。
「スリー・カップス・オブ・ティー」
レターパック350の封筒に入って。
季節を感じさせる小さなまつぼっくりと
オレンジのバラの押し花といっしょに。

a0112667_21594447.jpg


多くのブッククロッサーは
街の中に本を旅立たせる
ワイルドリリース派がほとんどだと思いますが
私は郵送や手渡しでやり取りする
コントロールリリース派です。
旅の軌跡が付きやすいのと
本を介して人とつながっている感じが
とてもするからです。

読み終わるのはとても時間がかかると思いますが
送った人が忘れた頃に
旅立たせようと思っています。

ちなみにこの本、
カバーをとった方が
ずっとずっとステキです。
[PR]

by chococro3 | 2010-09-30 22:09 | Bookcrossing