『町家で京都の図書館を考えるサミット』 with カーリル

先日、旅カフェさんからの誘いを受け、京都まで行ってきました。
いつもと同様、観光なしの直行直帰ペース。バスから二条城をチラ見のみ。
(ノド痛かったので京都メイドの飴だけ買いました)

カーリルは図書館の書籍の検索サイト。
複数の図書館の蔵書を調べて、各図書館の予約画面に行けます。
我が家のように複数の図書館を使うにはとっても便利。と今日知りました[m:242]

カーリル主催の図書館イベント。
ビブリオバトル発案者の谷口氏をゲストの講演から始まり(すごい人に会っちゃった)、図書館について語る座談会。などなど。
帰りの時間があるので早めにおいとましましたが、楽しかったです。

静かな図書館じゃなくて、ジャズが流れる雑談オッケーな図書館とかいいなぁ。
らくがきオッケーな図書館書籍とかの話も面白かった。

ブッククロッシングやカタリベカフェの紹介もできて、興味持ってくれた方おられて嬉しかったです。私の説明がつたなくて申し訳なかったです。

本をテーマにこれだけの人が集まるなんて、本もまだまだすてたもんじゃないなぁ。
ソーシャルリーディングが今強く求められている気がした内容のイベントでした。

今日気になったサービス、キーワード。
ピッコリー:京都市左京区にある子供図書館
食べるの学校:参加者の方がやっているプロジェクト
kumori:本と人をつなげるしおり
キャッチがカタリベにとても似ています。きっと近い。


a0112667_762827.jpg

[PR]

by chococro3 | 2011-07-09 23:37 | book