教育を受けるということ

ちょっとまじめな話を。
先日、街角で署名をしてきました。

定時制高校の灯守ろう 卒業生らが存続求め会見 兵庫 - MSN産経ニュース

地元の定時制高校が2年後に廃校になるそうです。
同時に隣の町の定時制高校も廃校になるため、最寄りの定時制高校は2つ隣の市にある定時制高校に通うことになります。
どう行くのか調べようとしましたが
行ったことないところなので交通手段がさっぱり分からない。。。
もしかすると、阪急武庫之荘駅からバス?
とすると今より片道1時間程通学時間が増えるということ?

定時制高校はだいたい18時〜21時。
仕事を終えて片道1時間半〜2時間の通学路を3〜4年、通うなんて。

今の不景気&失業者が増えていることを考えると
2年後には家計を助けるために働きながら学校に通わなくてはならない子は
増えるんだろうと思います。
そういう子たちの進学希望を絶ちかねない決定だと、とても悲しく思いました。

最近、総合テストの結果を公表するとかしないとかで騒がれている一方で
新聞で学校の図書館の予算を削られている話を読んだり
このような定時制高校の廃校の話を聞いたり
基本的な教育を受ける機会が少しずつ奪われているように思えてなりません。

無償、または安価で基本的な教育を受けられない私の国の将来。
すごく。すごく怖いです。
[PR]

by chococro3 | 2009-02-07 22:48 | Diary